トップ

シリーズ:「摂津国衆・塩川氏の誤解を解く」 第二十四回


シリーズ:「摂津国衆・塩川氏の誤解を解く」 第二十四回

飯盛城の山下(さんげ)「北条」を考える(その3)

ネガティヴではなく、建設的に、潰すのではなく、生かして(導入部)

年末も押し詰ってまいりました。

さて、「摂津・塩川氏」は何故「誤解」され続けてきたのでしょう。

実はこれには、これまでの「私自身のマズさ」もありました。

今回は、「不幸も重なった、私自身の研究史」をカミングアウトしています。

恥を忍んで…。

なお、本日、12月20日(日曜日)開催予定の「お城EXPO2020」(引用リンク)における「中井均、松田直則、加藤理文3氏による対談「信長・秀吉時代の瓦と地方への波及」(2020年12月20日15:50~16:50、1週間、有料配信あり)は、可能であれば是非閲覧してみて下さい。

それでは第2会場に移ります。

(2020,12,20,05:56 文責:中島康隆)

Facebookでコメントしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


関連記事

  1. 山下町・下財町の地車(だんじり)と平野神社
  2. 第19回「人間サイズのまちづくり賞」で知事賞を受賞しました。
  3. シリーズ:「摂津国衆・塩川氏の誤解を解く」 第二十八回
  4. 郷土館12月のイベント情報
  5. 令和2年 新年の展示・イベント情報
  6. 知事賞の表彰状をご披露
  7. 雪の郷土館風景
  8. 東谷ズム令和元年 開催

記事一覧

PAGE TOP