トップ

案山子が見守る東谷


東谷の見守り役??ズム案山子

獅子山の中腹に愛宕さんの祠が鎮座しています。

ここに東谷ズムの当日、ズムのぼりを持った案山子が、みなさんを歓迎していました。

郷土館から見上げると、山の中腹にかすかに見えるはずです。

東谷ズムが終了したので、愛宕さん(火の神様)らしく、防火のぼりに持ち替えて、東谷のまちを見守ります。

その昔、山下の大火と呼ばれる大規模な火事が発生した記録がございます。その教訓に整備された防火用水路が今も現役です。

 

ここからは、東谷のまちが一望できるスポットです。

Facebookでコメントしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


関連記事

  1. 郷土館年末年始の展示
  2. 郷土館2月の展示
  3. シリーズ・「摂津国衆、塩川氏の誤解を解く」 第十回
  4. 郷土館展示イベント情報(1月〜4月)
  5. 国土交通大臣表彰「まちづくり功労者」受賞
  6. 川西市郷土館開館30周年特別企画展のお知らせ
  7. シリーズ:「摂津国衆・塩川氏の誤解を解く」 第十一回
  8. 郷土館7月の催事 「野鳥のお話と写真展」

記事一覧

PAGE TOP