トップ

シリーズ:「摂津国衆・塩川氏の誤解を解く」 第二十六回


「摂津国衆・塩川氏の誤解を解く」 第26回

天文十年(1541)以前の塩川氏の拠点「平野・新田村」、及び、平野、笹部に勧請された「源氏の氏神・平野神社」(導入部)

天文「二十年辛亥(1551)正月大庚寅(元旦)国満 其家人五十余輩ヲ集 平野馬場ニ馬揃 与力三十余人 此催促ニ応ス」

皆様、明けましておめでとうございます。

令和三年も当「塩ゴカ」を、何卒宜しくお願い申上げます。

ところで皆様はもう「初詣」は済まされましたでしょうか。

さて、冒頭に呈示致しましたのは、今からちょうど470年前にあたる「高代寺日記」における塩川国満による「初詣」というか、正月行事の様子です。

この「馬揃」(うまぞろえ)とは馬を使った一種の「パレード」で、本稿においても「足ソロへ(賀茂競馬足揃)」(近衛信尹の「三藐院記」慶長六年(1601)五月一日条)や、「織田信長」の主催による天正九年(1581)の京における「馬揃」(信長公記ほか)の記事をご紹介しています。なお「明智光秀」を担当責任者とした後者「馬揃」には、織田信長自身の指名により、塩川長満の二大家老「塩川吉大夫」と「塩川勘十郎」も参加しています。

しかし冒頭に示したように、その30年前の「塩川国満」もまた、地元で「馬揃」を開催していたのですね。

この時点の「塩川国満」は、既に笹部村の「獅子山城」(いわゆる山下城)に移転して十年目にあたるのですが、ここに記された「平野馬場」とは、私は、現在の川西市平野の「多太神社」前の段丘面上に見られる「北東―南西方向に伸びた不自然な直線道路」がその名残か?と推測しています(後述)。

要するにこの記事は、かつて「平野明神」と呼ばれた現・「多太神社」における正月の神事を記したものと思われます。

ところでこの「川西市・平野」地区ですが、どうして「さほど平らかでもない地形」なのに、「平野」という地名が付いているのでしょうか??

また「平野」といえば、「東谷ズム」のイベント会場でもあった「平野神社」が思い起こされますが、どうして「川西市・笹部」地区に「平野神社」があるのでしょうか??(「平野」地区にではなく)

どうやらこの「問い」を解く「鍵」は、「塩川国満」が活躍した400年以上前の「戦国時代」、及び、「源満仲」が「多田荘」を開発した1000年以上前の「平安時代」にあるようです。

今回はこのテーマをまず、かつて「戦国1日博物館・第2会場」において展示していた「地図」や「空中写真」から辿ってみたいと思います。

それでは第2会場(リンク)に移るとしましょう。

(2021,1,1 文責:中島康隆)

追記 : なお、事後報告ながら、第25回連載もアップしています。
https://note.com/tohbee_/n/ne2ff5a6c61c1
こういった更新の告知方法については、目下手探り中です。
また、第24回連載においても、「獅子山城の瓦の資料」等、大幅に画像を追加しております。
https://note.com/tohbee_/n/n657bf28b67f4
こちらもあらためて、ご参照頂ければ幸いです。

Facebookでコメントしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


関連記事

  1. 郷土館で新春を祝いましょう!
  2. シリーズ・「摂津国衆、塩川氏の誤解を解く」 第六回
  3. 郷土館 2月の企画展・講座のご案内
  4. シリーズ・「摂津国衆、塩川氏の誤解を解く」 第二回
  5. 山下町・下財町の地車(だんじり)と平野神社
  6. 郷土館 マンドリン演奏会 開催!
  7. 郷土館7月の催事 「野鳥のお話と写真展」
  8. 東谷ズム令和元年 開催

記事一覧

PAGE TOP